静岡の注文住宅・分譲住宅なら桧家住宅東海へ。注文住宅から土地まで「家」のことならどんなことでもご相談下さい。分譲住宅情報も多数掲載しています。

ヒノキヤグループ

桧家住宅東海

  • お電話でのお問い合わせ 054-252-3161 (受付時間 9:00~19:00)
  • お問い合わせ

両親との二世帯同居。家族皆が満足する家づくり。

静岡市葵区に半二世帯住宅を建てられたT様。お子供が生まれご両親と供に暮らしていくための住みやすい家を求め、ご実家を建て直されました。半年ほどお住まいになられてのご感想です。

Q1.家づくりをされようと思ったいきさつはなんでしたか?

ご主人様:子供が生まれたことがきっかけですね。
奥様:これから主人の両親と一緒に住んでいこうとのことで、建て替える前の家だと部屋数も足りないし、子供がこれから大きくなっていったとき自分の部屋もほしいだろうと思って、せっかくなので両親に相談したところ、なら家を建て直そうかとなったんです。
父親:元々家も古くなってきていて、どうしようかなとは前々から思っていて、リフォームも考えたりはしたんですけど、それなりに費用がかかるしどうしようかと思っていたんです。そんな矢先に息子たちより一緒に住もうと申し出があったので、ならいっそ建て直そうかという話になりました。

Q2.建て直されたということですが、その際モデルルームなどの家を見たりなど、何か参考にされたものはありましたか?

ご主人様:二世帯住宅だから、親と自分の世帯の距離感はちょっとあったほうがいいかなということで、居住フロアが分かれた方が良いかなとは考えました。
奥様:玄関が二つついている二世帯住宅もあるかと思いますが、私たちの場合は完全に分けるのではなく、子供がお叔父いちゃんお祖母ちゃんと好きな時に遊べるとか、自由に上と下の階で行き来できるような、そういうような家がいいなと思っていたので、お風呂などは一つにしました。二世帯ではあるけど一緒に住んでいる感じにしたいなとは思いました。この先何十年も長く住んでいく家なので、子供が大きくなった時にも、お洒落だなと思ってもらえるような家がいいなと思いました。ほかには、主人が白い床がかっこいいなと言っていたので、雑誌などを参考にしたりしました。
ご主人様:建てる前はイメージが漠然としていたので、あまり細かいところは特に思わなかったのが正直なところです。
母親:色んな家を建てる前に見て参考にしようとは思っていたので、SBSマイホームセンター静岡には、毎週のように行きましたね。こういうのがいい、ああいうのもいいなど、実際見たりしていると色々要望は増えて、何を優先していいのかは分からなくなったりもしていたのですが、最終的にハウジーさんの家を見て良いなあと思ったので決めさせてもらいました。

Q3.二世帯住宅になるということで、他に何か考慮されたことなどありましたか?

奥様:どうしても私たちと両親とでは、食事をする時間が違ったり仕事などで動き出す時間が違ったりするので、キッチンはそれぞれ必要だと思い2つ用意しました。2階の私たちの居住フロアの各部屋は白黒を強調していますが、1階の両親のフロアは茶色をベースに落ち着いた色合いにしました。やっぱり趣味や好みとかは変わりますので、そこは全部私たちの趣味に合わせもらうのではなく、お互いの意見を尊重して住みやすいのが一番だと思いました。また、将来私たちが1階になるかも知れないので、そのようになっても使いやすい間取りを考えてもらいました。
母親:キッチンがそれぞれ独立しているのは、食の好みも違うし、自分の好きな時に好きなものが作れるから良かったですね。和室に関してはお父さんの希望です。住んでからは、もう少し部屋が広ければ良いかなとは思いました。1・2階を完全分離じゃなくて、行き来しやすいのがやっぱりいいですね。

Q4.打ち合わせの中で、要望が上手く伝わらなかった、要望が叶わなかったなど、何かご苦労された点があったら教えてください。

母親:長く住むのは息子ですから基本的には息子の方に任せました。相談があれば答えていって決めて行った感じですね。
ご主人様:外壁の色や形とか、参考に見せていただいたサンプルが小さすぎて、イメージが湧かなかったことはありました。
奥様:壁紙クロスもそうでしたが、小さいサンプルだと実際貼った後の感じと全然違うので決めるのが時間かかりました。外壁とかも提案はしてもらったんですが、実際に建っている他の家の外壁を見たりしていて、何かイメージと違うなとか、なかなかその辺りは上手く決めれませんでしたね。他には、元々建て替えなので敷地は限られているのがあるんですが、本当はどの部屋もできるだけ広くしたかったんです。ただそうすると収納が減ってしまったり、今度は収納をたくさん取ろうとすると部屋が小さくなってしまったりと、限られた土地の場合、妥協しなければならないところもあって、色々難しいと思いました。
母親:図面を見てもなかなか想像がつかなくて、やっぱり建てられてみないと分からないものですね。本当はもうちょっと押入れがあったら良かったなと思いました。

Q5.引っ越しの準備もされたと思いますが、建てている間に他にも何か準備などされたことはありましたか?

奥様:私は家が建つ前はアパート住まいで、家の引渡しからアパートの解約まで、大体3週間弱くらいで結構余裕があるなと思っていたんですが、引っ越し自体かなり大変で、荷物をまとめたり、運んだりとか、最低1か月ほどは余裕を持ったほうが、落ち着いて引越しが出来たんじゃないかと感じました。最後の方は本当にバタバタしていて、とりあえず運んで住んでから片付けるしかなかったので、もう少し余裕を持った方が良いかとは思いました。
母親:私は物がなかなか捨てられない方で、屋根裏に荷物がたくさん残っていて、この際処分できるものは処分しようと思い、それをどうやって処分しようかと苦労しました。やっぱり早めに断舎離をやっていた方がいいですね。
父親:35年住んでいた家だったので、長年の蓄積でいらない物をどうやって処分しようかと、残っていた物にも愛着があったものも多かったので整理するのが大変でした。
奥様:同じ静岡市内での引越しだったので、転出届とかそういうのは要らなかったんですが、別の市からになると引っ越す前に一回届出をしてから、また引っ越し後にも手続きしなければならないし、そうだったら小さい子供がいるので大変だったと思います。遠くへ引っ越す場合は事前に準備しておかないと、引越しも大変なので余裕を持ってやった方がいいと思います。近隣のことは、主人の実家だったので元々ある程度知ってはいましたが、近隣も下見をした方が良いと思います。

Q6.実際にお住まいになられてみてから、気に入ったところなど何かありましたか?

ご主人様:小屋裏。とりあえず今は必要のない物は置いてあるので、たくさん置けて良いと思います。
奥様:床が白いと部屋が明るくなるので良かったですね。柱や壁の角が丸くなっている「かどまる」も、子供もかなり動くようになったので、安全面で安心できていいなと思ってます。
父親:ドアを閉める時にクッションがあって、開け閉めのアシストがあるので少しの力で開け閉めできるのがいいですね。硝子が二重になっていて寒さを軽減できていると思うので、それは良かったです。
奥様:これまで凄い寒いなと思う事もなくて、いいと思います。キッチンはもう少し狭くてもいいかなとも思いましたが、広いと結構使いやすくて良かったなと思いました。IHですけど、慣れてからはそんなに戸惑うとかはなかったので、今では使いやすくて気に入っています。やっぱりアパート住まいと比べるとキッチンは断然広くなりましたし、シンクも汚れが取れやすいものですし、食洗機も最初あまり使わないと思っていたが、最近は乾燥機能をほぼ毎日使っているので、あって良かったなと思っています。

Q7.逆に、もう少しこうしておけば良かったなど、ご不満な点はございましたか?

奥様:洗面所の隣がお父さんの部屋なんですが、朝早い時間帯に洗濯機等を回しているので、朝がうるさいかなとずっと気にしていて、別の部屋の方が良かったかなと感じています。
父親:聞こえるには聞こえるけど、それほど気にはならないですよ。
ご主人:コンセントはもうちょっと増やせばよかったと思いました。
奥様:コンセントの位置とかはやっぱり実際物を置いてみて、やっぱりここが良かったなと思ったりとか、何を置くというのをある程度先に想像してから、そのコンセントの位置も決めればよかったなと思いました。。
母親:押し入れに収納のコンテナを入れてあるんですが、押入れの扉が折れ戸のため、完全には開かないので、コンテナを出しにくいと感じたことはありました。
奥様:リビングの窓のカーテンを探していたら、この枠のサイズの既製品のカーテンが売ってなくて、既製品で売っているサイズというのを最初に説明してもらえていたら有難かったと思っています。

Q8.最後に、これから家づくりを考えられている方々に何かアドバイスなどお願いします。

 

 

より良い注文住宅を建てるための暮らしに役立つ情報や、家づくりの情報を掲載しました
注文住宅のお家づくりの参考にしてみてください。

ハウジーホームズの施工事例集をプレゼント!

資料請求はこちら

お電話でのお問合せ054-252-3161

静岡の注文住宅・不動産のトータルプランナー「桧家住宅東海」は、注文住宅・戸建・分譲住宅を専門に手がける静岡のハウスメーカーです。
小屋裏収納付きの家、屋上付きの家まで幅広く建築すると共に、注文住宅・建売・分譲住宅においても、富士市、富士宮市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市まで
注文住宅のほか幅広く納得の品質で建築しております。さらに不動産部門は、仲介業務から土地・建物販売業務までしっかりとサポートできるのプロ集団です。

LivingBell