静岡の注文住宅・分譲住宅ならハウジーホームズへ。注文住宅から土地まで「家」のことならどんなことでもご相談下さい。分譲住宅情報も多数掲載しています。

ヒノキヤグループ

ハウジーホームズ

  • お電話でのお問い合わせ 054-252-3161 (受付時間 9:00~19:00)
  • お問い合わせ

地震について

地震予知の敗退

2017.9.26 国の検討会が報告書を国へ提出。この中で「警戒宣言を出すような

東海地震の確度の高い予測は出来ないのが実情だ」という見解が示されました。

国が国内で唯一予知が可能としていた東海地震、その理由は何だったのでしょ

うか?

予知の根拠

東海地震が予知可能とされていた理由は2つあります。1つは、東海地震が起こる

直前にプレートの境界がゆっくりとずれ動く「プレスリップ(前兆すべり)」という

前兆現象があることです。昭和19年に発生した「昭和東南海地震」の際に掛川市で

確認された地殻変動がプレスプリップの可能性があると指摘されたことも根拠の
 
一つとなりました。

もう一つの理由は、東海地震の想定震源域の一部が陸地の真下にあるなど、震源域

が近いために多くの機器を設置し、活動を監視できるからです。

防災対策の大転換

予知が被害を減らす上での切り札として重点が置かれていました、しかし平成7年

に起きた阪神・淡路大震災では住宅の倒壊により多くの犠牲者が出たことで、突発的

に地震が起きることを前提として、耐震化など被害を軽減するための事前の対策が

強化されるようになりました。

さらに平成21年にイタリア・ラクイラで発生した地震をきっかけに、国際的に「予知」

についての議論が行われ、地震予知に成功した確実な事例はないことや、地震の発生

を警告出来るほど確実性の高い前兆現象は見つかっていない為、地震発生の時期を

特定するのは困難だという認識が示されました。

地震後を考えて

最近の熊本地震では多くの住宅が倒壊しました。大きな余震に続き本震が続いた

破壊力の高い地震でした。その中でも耐震等級3の住宅では揺れに対してとても有効

だったと結果が出ています。

地震予知の夢は儚く終わりを迎えたようですが、それに代わる手段のひとつとして

耐震性能の高い住宅の需要はこれから増えていくのかもしれません。

 

より良い注文住宅を建てるための暮らしに役立つ情報や、家づくりの情報を掲載しました
注文住宅のお家づくりの参考にしてみてください。

ハウジーホームズの施工事例集をプレゼント!

資料請求はこちら

お電話でのお問合せ054-252-3161

静岡の注文住宅・不動産のトータルプランナー「ハウジーホームズ」は、注文住宅・戸建・分譲住宅を専門に手がける静岡のハウスメーカーです。
小屋裏収納付きの家、屋上付きの家まで幅広く建築すると共に、注文住宅・建売・分譲住宅においても、富士市、富士宮市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市まで
注文住宅のほか幅広く納得の品質で建築しております。さらに不動産部門は、仲介業務から土地・建物販売業務までしっかりとサポートできるのプロ集団です。

LivingBell