静岡の注文住宅・分譲住宅なら桧家住宅東海へ。注文住宅から土地まで「家」のことならどんなことでもご相談下さい。分譲住宅情報も多数掲載しています。

ヒノキヤグループ

桧家住宅東海

  • お電話でのお問い合わせ 054-252-3161 (受付時間 9:00~19:00)
  • お問い合わせ

家づくり前の準備(その3)

当サイトへお越しいただいている皆さまのほとんどは、今すぐではなくとも家づくりをお考えなのかと思います。

そんな皆さまが家づくりで失敗しないように、頑張ってポイントをまとめてみました。少しばかりのアドバイスとしてお届けしようかと思っていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

シリーズでお伝えしていきます。

今回は「土地の仮押さえ」についてです。

 

・建物よりも土地から決めていく

注文住宅を建てたいと思った場合、建物より前に土地を探す必要があります。

なぜなら、いくら建てたい建物の間取りがあったとしても、土地の形状や、その土地の周りの環境などにより間取りを合わせなければならないため、先に間取りの作成に入ってしまうと間取りがムダになってしまう恐れがあるからです。

例えば、土地の周り全てに高い建物がすでに建っている場合には、玄関の位置などが限られてしまいます。

 

・土地探しから仮押さえまでの流れ

土地を探す流れについて簡単に説明します。

まず、インターネット上の土地情報や不動産屋さんの土地情報などで、希望のエリア・価格・土地の概要などを調べてみます。

希望の土地が見つかったら、その土地を管理している仲介業者(不動産屋や建築会社)に問い合わせをして、さらに詳しい概要などを聞いてみます。

そして、これだという土地が見つかったら、仲介業者に「手付金」を支払って、仮の押さえをします。

ただし、仮押さえの手付金とはいっても、仲介業者の中には、仮押さえをもって土地の契約としているところもありますので、その辺りの事情も、手付金を支払う前にしっかりと確認しておきましょう。

また、この手付を行っていない状態で、他の人が同じ土地に先に手付金を支払ってしまったら、その土地を買うことはできなくなってしまうので、その点にも注意が必要です。

 

・まとめ

建物は自由に決められますが、土地については自分たちの理想の土地を自ら探し当てなくてはなりません。土地は建物を建てるだけの場ではなく、その場所・地域にこれから住んでいくといく環境としての場所でもありますので、そのようなこともよく検討して決めていくことが大切です。

当社は売主になりますので、仲介業者を通した手附金や仲介手数料などの負担金は掛かりません。また、分譲建売住宅であっても1棟1棟土地に合わせた建物のプランを手掛けていますので、土地に合わせた住みやすい家をご提供することができます。

いかがだったでしょうか。

今回は「土地の仮押さえ」についての解説になりました。

少しでもご参考にしていただけ次回も訪問いただけたら嬉しいです。

最後までお読みくださり有難うございました。では。

 

より良い注文住宅を建てるための暮らしに役立つ情報や、家づくりの情報を掲載しました
注文住宅のお家づくりの参考にしてみてください。

ハウジーホームズの施工事例集をプレゼント!

資料請求はこちら

お電話でのお問合せ054-252-3161

静岡の注文住宅・不動産のトータルプランナー「桧家住宅東海」は、注文住宅・戸建・分譲住宅を専門に手がける静岡のハウスメーカーです。
小屋裏収納付きの家、屋上付きの家まで幅広く建築すると共に、注文住宅・建売・分譲住宅においても、富士市、富士宮市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市まで
注文住宅のほか幅広く納得の品質で建築しております。さらに不動産部門は、仲介業務から土地・建物販売業務までしっかりとサポートできるのプロ集団です。

LivingBell