静岡の注文住宅・分譲住宅ならハウジーホームズへ。注文住宅から土地まで「家」のことならどんなことでもご相談下さい。分譲住宅情報も多数掲載しています。

facebookページ

ハウジーホームズ

  • お電話でのお問い合わせ 054-252-3161 (受付時間 9:00~19:00)
  • お問い合わせ

アメリカの土地の不動産事情

みなさんこんにちは!!ハウジーホームズ焼津営業所の白鳥です。

前回は、アメリカの土地の不動産事情についてお話させて頂きました。
そこで今回は、前回の続きです!!今回は、アメリカの住宅に対する考え方、日本との違いを皆さんにお話ししたいと思います。あなたがもし、アメリカに引っ越さなければならなくなったとき、知っておくと役に立つかもしれません。(笑)

まずは、コンドミニアムについてです。

アメリカ・カナダでは、分譲マンションのことをコンドミニアムといいます。省略して「コンド」と呼ぶことが多みたいです。賃貸専用のアパートとは区別されています。このコンドミニアムは、アメリカの大都市では一戸建てよりも人気があるみたいです。メンテナンスが一戸建てに比べてかなり楽だからだそう。一戸建ですと芝生などの庭の手入れが大変だし、また長期に家を空ける場合には管理の問題もある。この点コンドは、ほとんどの場合、エントランスにしっかりと管理する人がいるかオートロックになっているので防犯上もとても安心なのです。こういったことを背景にアメリカでは、いくつかのコンドミニアムを購入し、リフォーム(あちらではリノベーションという)を独自のセンスで実施した後、転売することをビジネスにしている人がいるそうなのです(主婦がサイドビジネスとして、行うケースも)。時には、古い一軒家を購入し、住みながら自ら改装し、高値で売るような事もして来たみたいです。素人とはいえ、ときには主婦ならではの厳しい着眼点が、リフォームに反映されるので、内容によっては”買い”な場合もある。日本ではありえないビジネスだと思いませんか。アメリカの住宅事情としておもしろいのは、専有面積には、あまり重きをおいていなく、それよりも家の間取りがすべて、極論すれば、いくつベッドルームとバス・トイレがあるかというのが物件選びの判断基準となること。なお、タウンハウスという、一戸建とコンドミニアム(分譲マンション)の中間のような住宅もあります。2戸または3戸が連なっており、それぞれに専用のエントランス、ガレージが付いています。また、バックヤードと呼ばれる専用庭が各戸にある。毎月、ストラータフィー(管理費)を払う。この中には住宅全体の改修費用が含まれるので、コンドミニアムほどではないが、一戸建て住宅に比べメンテがかなり楽にできます。このため、年配の方々や若いカップルに人気があるとの事なのです。

土地同様、分譲にも考え方の違いはで色々あるんですね。海外で一度でいいから暮らしてみたいとは思いますが、こういった知識がないと、大変な目にあうかもしれませんね。もっと勉強したいと思います。

スタッフブログ一覧へ戻る

暮らしに役立つ情報や、家づくりの情報を掲載しました
お家づくりの参考にしてみてください。

ハウジーホームズの施工事例集をプレゼント!

資料請求はこちら

静岡の建築・不動産のトータルプランナー「ハウジーホームズ」は、注文住宅・戸建分譲住宅を専門に手がける静岡のハウスメーカーです。
小屋裏収納付きの家、屋上付きの家まで幅広く建築すると共に、建売分譲住宅においても、富士市、富士宮市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市まで
幅広く納得の品質で建築しております。さらに不動産部門は、仲介業務から土地・建物販売業務までしっかりとサポートできるのプロ集団です。

LivingBell