静岡の注文住宅・分譲住宅なら桧家住宅東海へ。注文住宅から土地まで「家」のことならどんなことでもご相談下さい。分譲住宅情報も多数掲載しています。

ヒノキヤグループ

桧家住宅東海

  • お電話でのお問い合わせ 054-252-3161 (受付時間 9:00~19:00)
  • お問い合わせ

その他  住まいと病気①

健康住宅という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
ひと昔まえですとシックハウス症候群なるものが大変大きな問題となりました。
いまではそれに対する法整備も出来ました。
それ以外にも住まいの性能が問題で起こる病気など沢山ありますので、ご紹介
させて頂きます。

低温と脳卒中
冬季に集中して発病する脳卒中は東北地方では多いが意外なことに北海道での
発病率は低いのです。それは住まいの違いに要因があると思われます。つまり
北海道では高気密・高断熱化が徹底しており、冬季には室内広く暖房されてい
るからだと思われます。
冷えた床に足部が直接接するとヒヤッとした感じが身体全体に走り、高齢者ほど、
このコールドショックで血圧が急激に上昇し脳卒中の危険性が増します。これに
対しては室内間の温度差の解消と床面付近の温度の低下を防がなければなりませ
ん。建築的対応としては気密化で隙間をなくすこと、床面に冷気を滞留させる
コールドドラフトを抑えるための開口部の断熱強化(複層化)が必要です。

高温と高齢者
気温が33℃に上昇するとこれを境に高齢者(65歳以上、とくに男性)は高い死亡率
を示します。その原因は高温による免疫力の低下、発汗と水分の補給不足からく
る脱水症状、血液循環の減少に耐えられないことなどです。

湿度とアレルギー
住まいの中でアレルギー疾患を引き起こすアレルゲンといえばカビとダニです。
カビは真菌といわれ、人体に真菌症をもたらすカビは50種類ほどあります。最近
注目されているのが、夏型過敏性肺炎といわれる病気です。これは夏だけに発生
するアレルギー性肺炎で、カビが発生している家屋内に長くいる女性に多く発症
します。こうしたカビの被害に対して、抗菌製品が開発されています。しかしこ
れも何の菌に対して抗菌作用があるのか、その特徴は何かを把握し適材適所で使
うことが大切です。
さて湿度が健康に及ぼす影響をみてみると、相対湿度30%以下になるとアトピー性
皮膚炎の悪化、鼻や喉の粘膜が乾燥して風邪を引きやすくなることが知られてい
ます。また、インフルエンザウイルスの生存率も高くなり、静電気が起きやすく
なります。逆に暖房室での相対湿度が60%を越えると押入や家具の裏にカビが生え
やすくなります。バクテリアやカビ、ダニと相対湿度との関連を調べてみると高く
ても低くても問題があり、室内の相対湿度としては50~55%がもっとも望ましいと
いえます。

住宅との関連のある疾病を4つ紹介させて頂きました。
住まいと病気②へ続きます。

より良い注文住宅を建てるための暮らしに役立つ情報や、家づくりの情報を掲載しました
注文住宅のお家づくりの参考にしてみてください。

ハウジーホームズの施工事例集をプレゼント!

資料請求はこちら

お電話でのお問合せ054-252-3161

静岡の注文住宅・不動産のトータルプランナー「桧家住宅東海」は、注文住宅・戸建・分譲住宅を専門に手がける静岡のハウスメーカーです。
小屋裏収納付きの家、屋上付きの家まで幅広く建築すると共に、注文住宅・建売・分譲住宅においても、富士市、富士宮市、静岡市、焼津市、藤枝市、島田市まで
注文住宅のほか幅広く納得の品質で建築しております。さらに不動産部門は、仲介業務から土地・建物販売業務までしっかりとサポートできるのプロ集団です。

LivingBell